高すぎるプロパンガスの料金のからくりと料金を下げる方法

admin

高すぎるプロパンガス料金

プロパンガスはどうしてこんなに高いのでしょう。

エネルギーの自由化、電力、都市ガスの自由化と共に消費者の意識は高まってきています。

しかし、ガス会社の言い値で決められているプロパンガス料金は都市ガスに比べてもまだまだ高く、不透明な部分が数多く残っています。

地域性によっても談合意識のとても強い業界です。
価格競争がほとんどない山間部などの地域や、昔からの付き合いで継続して長いこと利用しているという場合い、知らず知らずのうちに料金が引き上げられているという問題が数多く聞かれています。

また、原油の高騰時などで値上げになってしまっても、下落時にはめったに値下げしません。
その為、結果的に料金はどんどん高くなっていきます。

毎日の生活に必要不可欠なガス料金が、家計を圧迫している現状にお困りの方もたくさんおられると思います。
ガス料金をを適正価格に見直すことで、毎月のガス料金が大きく変わってきます。

また、アパートやマンションなどの賃貸に住まわれている方は更に高いガス料金を支払っている可能性があります。
いくら安い家賃の所に住んだとしても毎月の光熱費が高ければ高い家賃の所へ住んでいるのと変わりません。

それを理由に入居者の方が出てしまい、空き家になって困っている大家さんもいらっしゃいます。

両方の首を絞めてしまっているのが現状です。

アパート・マンションンなどのガス会社の切り替えは大家さん、管理会社などの了承が必要になってきます。

入居者の方も住みやすく、大家様も気持ち良く寄り添える物件作りも、適正価格の良心的なガス会社を選ぶことで実現できます。

各都道府県には、大体数百社ものガス会社があるので、その中から自分に合った良心的なガス会社を選ぶのは至難の技です。

節約をしたいと思った時がそのタイミングです。
都市ガスをお使いの方はもちろん、地域的な理由や災害のためにプロパンガスをお使いの方もきっとご自身の生活スタイルに合った 「適正な価格のガス料金」 に出会えるはずです。

ガス会社を選ぶ注意点に気を付けて長い間安心して利用できる良心的なガス会社をご自身で選んでいきましょう。

ガス会社を選ぶ時の注意点

【料金の透明性】

毎月のガス料金は基本料金とガスの使用量に応じて請求される従量料金によって構成されています。
今現在利用しているガス料金についてしっかりと提示してくれるガス会社を選びましょう。

【値段の変動】

原料調整と言われるガソリンと同じように、原油価格によって料金は変動する可能性があります。
事前通知なしで値上げをしたり、消費者の足元を見て、ほぼ毎月のように値上げを繰り返す
ガス会社は良心的ではありません。

【緊急時の対応】

ガス漏れや何か問題が起きた時に、質問や相談に迅速に対応してくれるだけでなく、
丁寧な作業・感じの良い接客態度など、消費者に寄り添った対応をしてくれるガス会社を選びましょう。

【切り替え時の引き止め】

新しいガス会社に切り替えようとする時に、一時的にガス料金を値下げして、
また徐々に値上げを繰り返したり、不当な違約金を請求するガス会社には気を付けましょう。

都市ガスとプロパンガスメリット・デメリット

【都市ガス】

  • 料金が安い。
  • 災害が起きた時に復旧に時間がかかる。

【プロパンガス】

  • 都市ガスに比べて料金が高い。
  • 火力が都市ガスの2倍以上ある為使用料が少なく済む。
  • 災害時の復旧が早い。

都市ガス、プロパンガス、それぞれにメリット、デメリットがあります。
地域性もあり、プロパンガスしか供給できない場所もあります。
地域性と、ご自身の目的に合ったサービスを提供してくれるガス会社を
見つけていきましょう。