プロパンガスを安くする為の対策紹介

admin

プロパンガス料金を下げる

プロパンガス(LPガス/LPG)について、どのような商品であるかをご説明します。
なぜ料金が一定ではなく高くなったり安くなったりするのでしょうか?
また、見直す事ができるガス会社を良心的なガス会社へ変更するメリット・デメリットはあるのでしょうか。

本ページは5分ほどでお読みいただけるので是非お付き合い下さい。
お時間の無い方は是非ブックマークしておくと後ですぐに読む事ができます。

プロパンガス料金を変更する為の『 6つのメリット 』

地域最安料金 のプロパンガス会社に変更可能する為のメソッド!

①地域最安値のガス会社へ契約を変える。

地域が違うと最安値価格も違います。
対象物件の所在地からもっとも料金が安いガス会社に変える事です。
平均的な料金と比べても30%以上は安くなり、大幅にガス代を削減する事ができます。

②安い価格をずっと維持する事ができる。

ガス会社側は勝手な会社都合から不当とも言える値上げを繰り返します。
消費者へ真っ直ぐ提案しているガス会社とのお付き合いは不当な値上げがなく安心できます。

③全て無料で対応ができます。

ガス料金が安いガス会社へ契約を切り替える際に、基本的には無料で全て可能です。
また、ガス会社を紹介してくれるサイトも増えていますが、基本的には相談料など一切必要ありません。

④給湯器などのガス機器を無料または格安交換

目安ですが、給湯器の寿命は早くて7年~10年程でしょう。
古い給湯器の場合は、変更をオススメしますし、ガス会社切替の際に合わせて相談する事で非常に安価で入手できます。
ガス会社によっては無料設置してくれる事もあります。

⑤ガス機器のメンテナンス費が不要。

ガス機器の調子が悪いなど気になりますよね?まさか爆発したり・・
メンテナンスに関してもしっかりみてくれるガス会社であれば、そんな心配も不要です。
特に賃貸大家さんはメンテナンスフリーにした方が手離れも良く、維持費もかかりません。

⑥価格保証

一番重要な事は、適正価格を維持してもらえる良心的なガス会社との契約です。
しかし、ガス会社側は価格のお約束はしてくれません。
それは輸入に頼っている為、輸入原価に左右される事が大きいです。
消費者側からすればそれを理由に値上げを繰り返されてはたまりません。
価格保証してもらえる、団体から紹介してもらう事で価格を維持する事ができるようになります。

適正価格の維持に努めるガス会社

大手ガス会社であれば安心できるかというとそうではありません。
もちろん、小さな町の販売店だから高いとも言えません。
親戚のガス屋さんだから安い訳でもありません。
ガス会社が見据える方向性に左右されてしまいますから、ご自身で探すには大変です。
不当に高い料金ではないガス会社とは、全国に2万以上の販売店がある中から探せませんよね?
また、探してみても実際に供給してくれるガス会社の料金は、物件毎で異なっている事も良くある話です。

ただガス会社を変更するだけで、月に数千円、年間で数万円もの差が出ているプロパンガス業界を見直していき、消費者側の認識を改めていく必要があります。
都市ガスやオール電化物件が増えており、供給数は年々少なくなっています。
しかし災害大国である日本では欠かせない供給体系である事は日本政府としても認めている事実があります。

健全なガス業界を目指して

正しい競争社会のルールとは、末端消費者を騙す体制ではなく納得してもらえる体制です。
料金だけではなくサービスの向上も同時に目指していき、各社切磋琢磨する業界へ真価が問われています。

最近では安過ぎるのは良くないとして、
250円提案していた団体が280円や270円を提示し始めており、また消費者を騙す結果になる悪質業者も目にします。
契約後も安心できるガス事業者を紹介する団体に相談してみましょう。

安心ガス比較団体