これから新築を建設予定のあなた。 プロパンガス会社はご自身で選んでください!

admin

新築戸建でプロパンガスを契約する際の注意点

新築戸建でプロパンガスを契約する際に、まずやらなければならないことは、プロパンガス会社選びですよね。
プロパンガス会社の選定は慎重に行ってください。

実はプロパンガス会社を、新築戸建てを購入した持ち主ではなく、ハウスメーカー、建築会社、工務店などの施工者が選定・契約しているケースがほとんど
なんです。
プロパンガス会社は、新築戸建の施工者への営業活動をしており、業務提携をしていたり、それぞれつきあいがあるプロパンガス会社が決まっていたりすることがあります。
しかし、ご存知の通り、プロパンガスは誰でも自由に選ぶことができるもの。

そして、プロパンガスをお得に、良心的な価格で利用したいのであれば、新築戸建でもハウスメーカーや工務店に任せにせず、ご自身ででプロパンガス会社を比べて選ぶべきなのです。
なぜ新築戸建のプロパンガスを自分で選ぶべきなのでしょうか。

自由料金制

プロパンガスは、水道などの公共料金ではなく、自由料金だということをご存知ですか?
プロパンガス料金は国による規制がないので、プロパンガス会社がそれぞれ独自の料金体系に基づいて決定をしています。
ということは、それぞれのプロパンガス会社で料金が全く違うのです。
ハウスメーカーや工務店のすすめるままに、他社と比較することなく契約してしまったら、
他社の倍、料金を支払う契約になる可能性もあるのです。

初期工事が必要

  • 配管工事
  • ガスコンロ、給湯器などのガス機器の設置
  • ボンベ、メーターの設置

これらの初期工事は、契約するプロパンガス会社が担当し、新築戸建の建築工事と同時に行われます。
知らず知らずのうちに配管工事等が入って契約が進んでしまってい初期工事が始まっているという場合もあるので、
新築戸建の施工が始まる前が重要なタイミングです。
ガス会社をご自身で選ぶ旨をしっかりと伝えて、複数見積もりをとり比較して慎重に選んで下さい。

無償貸与

「入居してからゆっくりプロパンガス会社の切り替えを考えればいいか」と考える人もいるかもしれません。
また、建設会社などの中には「うちで選んだLPガスを契約すれば、初期工事が無料になります。」という話をするところもあります。
しかし、ここに落とし穴があります。
実際のところ、新築戸建で施工者の得意先であるプロパンガス会社が自動的に配管工事やボンベメーターの設置などを手がけた場合、
建築時に新築戸建の購入者が初期工事の費用を支払うことはありません。
しかしこれは、初期費用を肩代わりして無料になった、というわけではなく、「プロパンガス無償賃貸契約」と呼ばれるプロパンガス独特の契約が知らないうちに結ばれているのです。
この契約は、その名の通り、プロパンガス会社が、配管やガスメーター、ときには給湯器などのガス機器までも、契約者へ「(建築時には)無償」で「賃貸」するもの。
ただし、「無償」とは名ばかりで、現状、新築戸建の建築時にかかったプロパンガスの初期工事やガス機器の費用をローンのように月々のガス料金に割り増しして請求していることがほとんどなのです。
しかも、その無償賃貸契約ではほとんどの場合、10〜15年ほどの長期契約が条件となることが多く、途中解約するためには解約金や違約金が発生してしまいます。
このような問題からも、しっかりと、良心的な金額で末永くお付き合いできるガス会を選ぶことが大切です。

貸与せずに購入がお得な場合も

上記の無償貸与での説明でもある通り、リースで減価償却していく方式となる為、支払商品の利益はガス代に乗せられてくる内容です。
無償貸与の方がリスクが低く、メリットが大きい場合もありますが、購入した方が良かったと後々後悔する方も少なくありません。
長い年月でみると、ご自身でお住まいの物件、特に戸建ての場合は購入した方が後々お得になる事が多いでしょう。
無償貸与の一番メリットあるケースは物件を運用される大家様になります。