賃貸アパートの入居者さんのプロパンガス料金

admin

賃貸アパートや賃貸マンションのプロパンガス料金はなぜこんなに高いのでしょう

実は、アパート、マンションの建設時に、建物のオーナーさんに代わって、プロパンガス業者が
ガスや配管設備、給湯器設備、エアコン等を負担している場合が多くあります。
そして、なんとその負担費用が毎月の入居者さんのガス料金に上乗せになっている場合があるのです。
建設時の配管設備や給湯器設備をオーナー様に代わってガス会社が負担する代わりに、10年~15年程度の契約をガス会社と建物オーナー様との間で結び、そのガス会社がその期間ガスを供給するという仕組みになっているのです。
その10年~15年という契約期間内に、ガス会社を変更しようとすると、契約違約金というものがオーナー様に請求されます。
そんな大事な契約を、徐々に値上げを繰り返すといった悪徳なガス会社と結んでしまっていたとしたら…。
年数の浅い場合は、契約違約金も多額の費用になりますから、どんなに高くてもガス会社の変更は難しくなってしまいます。
家賃が安いから…という理由だけで、毎月の光熱費のガス料金を気にせず、アパート、マンションを安易に決めてしまうことはとても危険です。

プロパンガス会社を入居者が自由に変更することが出来ない現状

一戸建の場合、自由にガス会社を変更することも可能(建設時にガス会社と結んだ契約期間が残っている場合を除く)なのですが、賃貸のアパート、マンションとなりますと、一部屋ずつ違うガス会社が入る事は出来ません。
変更となると、アパート、マンション全体の変更という事になります。
そして、変更するには、大家さん、管理会社などの建物のオーナーさんの了承が必要になってきます。
このため、入居者さんがガス料金の高さに悩んでガス会社に相談しても、一部屋のみの入居者さんの声では、簡単にはガス会社を他社には変更できない。という安心感が、一戸建てよりも高いプロパンガス料金に繋がっているという現状があるのです。

賃貸アパートや賃貸マンションのプロパンガス料金はどうやって下げればいいのか

一戸建てよりも料金が高くなりがちな賃貸アパートやマンションですが、料金を下げるのも先程ご説明した通り、ハードルの
高い現状があります。
そして、実は、全室同じガス会社が入っているのに、お隣さんとガス料金が違う…。というい場合もあるのです。入居する時期によって違ったり、様々な場合があります。同じアパート、マンションの方達と情報交換をされるのもいいでしょう。
そして、より多くの入居者さんの声を届ける事が大切です。

また、大家さんや建設会社など、建物のオーナーさんは、入居者さんの支払っているガス料金を把握していない場合が多くあります。ましてや、自由価格のガス料金。契約時の料金は把握していても
その後値上げが繰り返されていた場合、建物のオーナーさんと入居者さんの間での料金の意識に温度差が生まれてしまいます。
まずは、ガス会社よりも建物のオーナーさんに料金の相談をするのが一番でしょう。
オーナーさんも、ガス料金が高いからといって、入居者さんに出て行かれてるのは得策ではありません。
良心的なオーナーさんであれば入居者さんの声に親身に耳を傾けてくれるはずです。

  • ガス会社を別のガス会社に変更することはできないか?
  • 今契約しているガス会社へ値下げのお願いを出来ないか?

建物建設時の契約によっては、ガス会社の変更が難しい場合もあります。
その場合は、今現在契約しているガス会社に値下げのお願いをしてもらいましょう。
ガス会社も、実際に契約をしている建物オーナーさんからの値下げ相談には応じてくれる
場合があります。(もちろん中には入居者さんの相談にも応じてくれるガス会社もあります。)

ガス会社変更相談おすすめサイト