プロパンガス料金を節約してアパート経営の効率化を図りましょう

admin

プロパンガス料金が高いことが退去率に繋がっている現実

エネルギーの自由化に基づき、ガス料金に関しての意識も変わってきました。
ご入居者も自分のアパートのプロパンガス代が平均的なものなのか、高い料金なのかを知る手段が以前に比べて格段と多くなり、家賃だけではなく、公共料金も含めたアパート選びをしています。
家賃が安くても、公共料金が高ければ安いところへ引っ越しを決めるのが昨今の動きになっているようです。
その中でも、ガス会社によって料金のばらつきが大きいプロパンガス会社選びは、ご入居者獲得の重要な役割を持っています。

ご入居者様にとって「家賃」もそうですが「光熱費」も含めての生活費です。

「プロパンガス代が高いから退去する」というご入居者を減らすには、プロパンガス会社を変更するのが一番です。
平均的には変更によって、一般的な家庭で数千円、冬場には使用料も増えるので、それ以上にガス料金を節約することが可能になります。

プロパンガス料金が月に5000円安くなれば、家賃が5000円安いところへ住むのと同じです。
逆にプロパンガス料金が5000円高ければ、5,000円家賃が高いのと同じ事です。

とても競争率の高い不動産業界です。ご入居者は、大家さんから見るとお客様です。多くの大家さんは、ご入居者の満足度を高めて、なるべく長く住み続けて欲しいと思っておられるでしょう。
プロパンガス料金も、なるべく安くして、ご入居者が安心して住める良心的なガス会社とのお付き合いをすることが重要だと思われます。

このように、プロパンガス会社の変更は、ご入居者だけでなく大家さんにとっても大きなメリットとなります。

プロパンガス会社を選ぶポイント

【適正価格で安定供給できる会社を選びましょう】

プロパンガスの場合、いつでも値上げする事ができる自由料金制度になっています。その為、契約した時にいくら安価に金額を提示していても、その単価は当てになりません。
ガソリンなどと同じように、原油の高騰や為替レートの変動に影響されます。これはプロパンガス会社の企業努力・経営努力では如何ともしがたいものとなっています。
実際、電力会社や大手都市ガス会社には燃料費調整制度や原料費調整制度と称される価格調整制度があり、原料価格や為替相場の変動を考慮して毎月使用量単価の調整を行っております。
プロパンガスの中東における船積み価格の月別推移「サウジアラムコCP推移」などをみてもその変動はわかると思います。
しかし、輸入価格の高騰による値上げではなく、輸入価格の高騰を謳い、相手の足元を見て不当に値上げを繰り返すガス会社も多く存在しているのが現状です。

プロパンガスの価格で大事なことは、継続性です。目先の安さに飛びついてしまうと、後々後悔することになります。
契約時の基本料金、従量単価は把握していても、その後の値上がりなどを把握していない大家さんも多くいるのが現実です。
入居者の方が今いくらガス料金を支払っているのか。不当な値上げはされていないか。
その後もこまめに単価チェックをして、不当な値上げを繰り返すガス会社との契約には気をつけましょう。

【やり過ぎの設備投資には気を付けましょう】

また、建設時やリフォーム時に、プロパンガス会社に給湯器やエアコン、モニター付きテレビドアフォン、浴槽 …色々な設備サポートを要求する大家さんが増えています。
ですが、設備投資をやり過ぎてしまうと、高くなり過ぎたガス料金に苦しめられ退去してしまう入居者に悩まされる結果を生んでしまいます。
中には入居者がなかなか入らなくなり、家賃を下げたという大家さんもいるようです。
最初の設備投資は、入居者の方の立場に立ってガス料金と上手く照らし合わせながらサポートしてくれる良心的な
ガス会社を選ぶようにしましょう。